呼吸が上手く出来ない理由は…



呼吸が上手く出来なかったり、呼吸が浅くなってしまう方、必見です。

原因は首にあります。


呼吸をする際は吸気時に肋骨が広がり肺に酸素が入り、呼気時に肋骨が戻ります。

吸気と呼気、つまり吸ったり吐いたりする時には【呼吸筋】という筋肉が必要になります。


吸うときは主に、横隔膜・胸鎖乳突筋などを使いますが、特に首の筋肉が重要です。

普段肩こりや首こりに悩んでいる方は、首の筋肉が過緊張状態なので上手く息を吸う事が出来ないのです。


ポイントは首を解す事ですが、方法としてまず【肩を目一杯すくめて】下さい。

次にその状態のまま【上を向き】ます。

首が固くなる原因は、頭が前に行って首の筋肉が伸びきってしまうからです。


なので、伸びきった筋肉を思いっきり縮めるのです。

簡単にどこでも出来るので是非行ってみてください


これで呼吸がしやすく深くなりますよ♪

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示