食生活を見直す!!


現代では1日に3食が基本です。1日24時間、朝起きて、夜寝るまでの長時間を乗り切るためには、食事を3回に分けてとり、力の源となるエネルギー源や体調を整えるビタミン、ミネラルを補給することが大切なのです。

では、食事と食事の間隔は何時間が理想的なのか?

一般的には4時間から7時間空けるのが望ましいとされています。

1度食事をとると、胃腸の中に入った食べ物が消化され脂肪が燃焼するためには約3~5時間かかります。食べ物が完全に消化され、脂肪が燃焼しきってから次の食事をとることがおすすめです。

それほど空腹を感じていないのに、お昼だから、夕食だからという理由で食事をとるのは内臓を疲れさせ肥満の元となってしまいます。お腹が鳴るぐらいの空腹を感じるようになってから食事をするのがベストです。

又、仕事の都合などでどうしても夕飯は午後10時以降になってしまう方も多いと思います。。

その場合は以下のポイントを押さえておきましょう!!

①夕方におにぎりなどを間食として食べ、夕食はおかずだけにする

②野菜、きのこ、卵、豆腐などのカロリーが低い食材を選ぶ

③よく噛んで食べる事で満腹感が増し、糖質の吸収も抑えられます。

以上のポイントを押さえて良い食生活のリズムを作っていきましょう!(^^)

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示